ホーム > 病院案内 > 予防・ワクチン・去勢・避妊など > 避妊のお話

避妊のお話

<避妊を行うことでのメリット・デメリット>

(社会的な意義) 望まない妊娠を防止することができる。
 
毎年、東京都でも数千頭の犬や猫が、 「飼いきれない」・「近所からの苦情」等の理由からセンターに 持ち込まれ、殺処分という形で処分されているのが現状です。 (東京都動物愛護相談センター/統計資料より)  大切な愛犬と一緒に暮らしていく上で、 その仔の繁殖や行動のコントロールをしていくことも、 ひとつ重要なことだと思われます。 

                   
予防獣医学的な意義) 生殖器や性ホルモン性の病気を予防できる。
 獣医療の発達・普及や生活衛生環境の変化に伴い、 ワンちゃんたちの寿命は一昔前より長くなってきています。  避妊していないワンちゃんの場合、発情がくる度に身体も行動も ホルモンによる影響を受けるので、 ストレスが定期的にかかることになります。 年齢を重ねるにつれて、卵巣や子宮・乳腺など、 生殖器官に関連した病気が起こりやすくなります。

 手術・麻酔に対するリスクがある。
 
予防的な手術において、事故はあってはならないと思います。 しかしながら、すべてのリスクを取り除くことは、 残念ながらできないのです。  麻酔をかける以上、皮膚を切る以上、 リスクのことも頭に入れておかねばなりません。

手術を行う場合は、術前検査をしっかり行い、リスクをできるだけ少なくするよう、 万全の準備・対策が必要です。

<結局避妊手術って、した方がよいの?>
この質問の正しい答えはありません。愛犬との暮らしと向き合ってもう一度じっくり考えて見ましょう。

避妊Q&A

①避妊をすると性格が変わりますか?

A.生まれ持った性格は基本的に変わりません

 避妊後は性的興奮や闘争心などが抑えられるので、 行動が安定して大人しくなる可能性はあります。 性格が変わるのではなく、性ホルモンによるストレスから開放されて 行動が変化する、という方が正確です。


②避妊をすると肥満になりませんか?

A.食事の管理は必要です。

 避妊手術後も同じ食事を続けた場合、 肥満になりやすいことが分かっています。 避妊手術をすると発情などからくるストレスから解放され、 テリトリー意識が弱くなり、運動量が減少します。  その結果、消費カロリーが15~25%少なくなるといわれています。


寿命に悪影響はありませんか?

A.悪影響はないといわれています。

女性ホルモン由来の病気を予防できる・性的なストレスから解放される といった点から、長生きができると考えられています。


生後どのくらいから手術を受けられますか?

A.一般的に生後4~6ヵ月齢が適期となります。

この時期が性成熟期前になるので、 健康体であれば手術の適期といえます。 ただし体重が1kgに満たない仔の場合は、 獣医師と相談しながら時期を設定するほうがよいでしょう。


何歳まで手術は可能ですか?

A.タイムリミットはありません

ただし、高齢になればなるほどリスクも増えるので、手術すること自体が 決まっているのであれば、早めの方がよいでしょう。
また、女の子の場合、初めての生理がくる前(生後8ヵ月くらい) までに避妊手術をすることで、乳腺腫瘍などのホルモンに関係する 腫瘍の発生率を大幅に低下させることができます。

 手術の流れ

ヘソの下、2~20cmを切開して、左右の卵巣と子宮を摘出します。

(1)手術の日取り決め(予約)
プラン立てを慎重に行うことが重要です。手術当日は病院からの連絡がつくように、また翌日はわんちゃん、ねこちゃんが退院した後も一日様子を見てあげられる日を選ぶようにして下さい。

(2)手術前日の24時以降は絶食
麻酔の際に、胃の中のものを吐き戻してしまうことがあり、大変危険です。

(3)手術当日は10~11時の間に来院していただきます。

(4)身体検査・各種検査
検査結果によっては手術を延期した方が良い場合があります。

(5)麻酔導入(注射)、手術(ガス吸入による全身麻酔:一時間程度)

(6)翌日退院
退院時、抗生剤(化膿止め)をお渡します。

(7)一週間後抜糸
抜糸の目安は通常一週間程度ですが、実際の傷口を見ながら判断いたします。

 料金

 料金はコチラ ⇒ 【料金表】